まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

「キットカット」外袋をプラから紙に ネスレ日本のごみ減量対策

 プラスチックごみが埋立地や海にたまって汚染源になり、鳥や魚などの野生生物が危機的状況下にあることを受け、ネスレ日本は、プラごみ大幅削減を加速させるための取り組みを始めた。チョコレート菓子「キットカット」の主力製品である大袋タイプ5品の外袋を、プラスチックから紙パッケージに変更し、2019年9月下旬出荷分から全量切り替える。

 製品包装材料を、2025年まで100%リサイクル・リユース可能にするという方針を、昨年春に公表していたネスレ日本。その具体的な取り組みとして今回のパッケージ変更が実現した。これにより、同社は年間380トンのプラスチック削減を見込んでいる。

 「廃棄物のない未来」を目指す同社。国内で購入されるキットカットの1割が外国人による購入だといい、来年の東京五輪・パラリンピックも視野に、外国人にもネスレの方針を訴えていく。

 また、紙に変更されたパッケージにメッセージを書き、「折り鶴」を作って大切な人に思いを伝えるコミュニケーション法を提案。今まで廃棄されていたパッケージを、日本伝統の思いや願いを伝える象徴の折り鶴に変身させ、身近な家族や友人に応援や感謝の気持ちを伝えてもらおうという取り組みだ。

 ネスレは、2005年に提唱した事業戦略の原則、「共通価値の創造」(Creating Shared Value、CSV)に基づき、プラスチックごみによる環境への影響をゼロにしていくことを目指している。今後、キットカット以外のブランド・製品にも取り組みを広げていくことを検討している。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ