まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

出身大学別年収ランキング 東大強し!早慶の勝敗は?

Law scales on table background. Symbol of justice

 就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク(東京)は、「出身大学別年収ランキング」(集計期間:2018年3月~2019年7月)を発表した。

 今回の調査レポートでは、OpenWorkに登録された年収データと出身大学データを集計。集計期間内にOpenWorkへ登録のあった年収および出身大学データのうち、50件以上データのあった大学100校、1万8651人を対象データとしている。大学院は除外し、各大学出身者の年収と年齢の分布から30歳時想定年収を算出し、出身大学による年収にどれくらいの差があるのか、集計条件を満たす100校から上位30校を発表した。

 それによると、OpenWork登録者の傾向として大手企業で働く上位校出身者が多いこともあるためか、全体的に高い年収となった。中でも1位の東京大学(810.9万円)は唯一の800万円超となり、2位の一橋大学(739.6万円)と約70万円差と大きく他校を引き離している。以下、3位 京都大学(727.6万円)、4位 慶應義塾大学(726.6万円)、5位 東京工業大学(708.2万円)、6位 早稲田大学(654.3万円)となり、何かと比べられがちな早慶両校の年収については、慶應に軍配が上がった。

 また、TOP30の傾向として入試難易度や偏差値とも相関が見られた。国公立大はTOP30内に18校あり、東阪名の経済圏に拠点を置く大学が多くを占めている。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ