まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

迷惑運転ランキング “自信家ほど危険”な結果が明らかに

 

The blue sky and the highway on the sea なんでもそうかもしれないが、自信があると思う時ほど、慎重さが必要だ。車の運転ももちろん。「夏休みの自動車トラブル」に関するアンケート調査(エアトリ・東京)によると、運転に自信がある人の方が、ない人より事故経験が多いことが分かった。

 20~70代の男女772人を対象にした調査。まず、運転頻度については、過半数(59.7%)が、週2~3回以上、次に多いのは「月に1回以下」(14.1%)で、頻繁に運転する人とほとんど運転しない人が二極化。運転に自信はあるか尋ねると、半数が「普通」と回答。「ややある」(23.4%)、「非常にある」(11.5%)の順で、3人に1人は「自信がある」と回答している。自信が「あまりない」「全くない」は計13.9%に留まった。

 

 そこで、この自信と事故の相関関係だが、「自動車事故を起こした」割合は、運転に自信がある人が56.8%だったのに対し、自信がない人は37.1%。「自動車事故に巻き込まれた」割合は、やはり前者が53.9%、後者が37.1%で、運転に自信がある人の方が事故を起こしたり巻き込まれたりする割合が高いことが分かった。

 普段はあまり運転しない人もハンドルを握る機会が増えたり、いつもと違うルートを走ることが増える夏休みだが、休日に事故を起こしたり巻き込まれたりした経験がある人を対象に、運転の自信の有無を調べたところ、自信が「非常にある」「ややある」人は41.5%だったのに対し、自信が「あまりない」「全くない」人は10.8%と、ここでも30ポイント以上の差が出た。

 ところで、自分は安全を期して運転していても、他の車の運転で迷惑を被るというケースももちろん多い。そこで、運転中他の人からどんな迷惑を被ったことがあるかを尋ねる(複数回答)と、1位は「急な車線変更、割り込み」(69.9%)、続いて「ゆっくりすぎる運転」(58.5%)、3位に昨今問題になっている「煽り運転」(43.4%)もランクインし、4割以上の人が迷惑運転を経験していることが分かった。「対抗意識を持たず、何かあったときには深呼吸を3回ゆっくりとして、残念な人なのだと、憐れみの感覚を持ち、関わらないでおこうと決意する」(50代・男性)、「速度は控えめに 止まるだろう、見ているだろうなど 相手への期待は禁物」(60代・男性)など、心構えも必要だ。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ