まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

令和時代の子育て方法は? 第1回「令和ママ川柳」発表

main 家族のために自分のことは多少犠牲に・・・というのはもう古いらしい。ウーマンエキサイト(エキサイト・東京)は、第1回「#令和ママ川柳」の受賞作品を発表した。最優秀賞は、とけいまわりさんの「人生を 楽しむ私を 見よ、我が子」。産後、今までやってきたことが何もできなくなり、押しつぶされそうになっていた作者。長女に「お母さんが楽しそうにしていると、子どももホッとするんだよね。お母さんが楽しそうって、それだけでパワーを感じるよね」と言われたことがきっかけでこの句を詠んだという。子どものために自己犠牲をする“良きママ像”にとらわれず、ママ自身が人生を楽しむことで子どもに生きる喜びと楽しさを伝えたいという前向きな姿勢こそが“令和ママ”のあり方なのかもしれない。

sub3 sub4

 優秀賞に選ばれた2句は、「よそはよそ 家族の幸せ ありのママ」と「もうイヤだ! 叫んで良いよ 助け合おう」。一人でがんばらないでありのままの自分でいることや、弱音をはいて夫や周りの助けを求めていることが評価された。パパ部門賞には「倍返し! 今度は俺が 家事育児」が選定された。

sub5

 審査員賞を受賞した4句は、「もう令和 ママだけ苦労は もうええわ」「レトルトも ママの笑顔で ごちそうに」「OPENに 心もオムツも 通気よく」「子の悩み ネットで繋がる 令和の輪」。詳細は「#令和ママ川柳」受賞作品発表ページで。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ