まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

夫婦の危機は結婚何年ぐらいから? 共通の趣味が仲良しのコツ

Every relationship has it's ups and downs 結婚したらいつまでも仲良く…。新婚時代にはそう思っても、新婚旅行を機に離婚してしまう“成田離婚”は極端とはいえ、“熟年離婚”なんて言葉もメジャーだ。夫婦の危機というのは結婚年数の長さに関係ないようだ。エアトリ(東京)が20代~70代の既婚男女1,076人を対象に実施した「夫婦関係」に関する調査でも、その傾向が浮かび上がった。

 まず、結婚年数別に「現在、夫婦の仲は良いか」を聞くと、「やや悪い」「とても悪い」と回答した割合が「15年以上20年未満」で急上昇し、「35年未満」まで1割を超え続けた。「35年以上」からは落ち着いたものの、「50年以上」で再び上昇するという結果となった。

img_188103_2

 この質問について、今度は退職有無別で見ると、「やや悪い」「とても悪い」と回答した割合が最も大きかったのは、「自身のみ退職済み」の女性。続いて「どちらも就業中」の女性となった。

 さらに、夫婦いずれか、あるいは両方が退職している人に対して、2人とも働いていた時と比べて夫婦仲はどうかを聞くと、どちらかが働いている場合は男女共に「2人とも働いている時の方が仲良し」だったと回答する割合が多く、2人とも退職済みの場合、男性は「退職後の方が仲良し」、女性は「2人とも働いている時の方が仲良し」が多数派となるなど男女で意識の差が生じている。

 他方、共通の趣味の有無別にみると、共通の趣味がある人は「仲がとても良い」「やや良い」との回答が56.7%だったのに対し、共通の趣味がない人はその半分以下の20.0%と、大きく差がついた。共通の趣味を持つことが夫婦仲良しのコツかも。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ