まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

みんなの五輪チケットの当選結果は? 実際は申し込みしなかった人も

 東京五輪チケットの抽選結果が20日に発表された。SNS上では多くの人が落選し、落胆の声があふれていた。そこでオーヴォ編集部は「五輪チケットの当選結果は?」というアンケート調査でチケットの購入・当選状況を調べてみた。

 調査は、J:COMの投票機能を使って6月17日~24日に実施し、J:COMユーザーの男女計523人(コア層35~49歳)から回答を得た。

 回答のトップになったのは「購入しなかった」で、84%。冷房が効いた部屋で、のんびりとテレビで観戦をしたいと考えている人も多いのかもしれない。また、申し込みをした人の合計は16%にとどまり、そのうち「全て外れた」が9%、「一部当選した」が4%、「全て当選した」という人は3%だった。

 五輪チケットの申し込み可能枚数は第1希望の30枚と第2希望30枚の合計60枚(最大当選枚数は30枚)。鈴木俊一五輪相もチケット抽選が「全て外れてしまった」と記者会見で述べていたというが、チケットの当選はかなり狭き門だったのだろう。先週、大会組織委員会の森喜朗会長は「もう一度挑戦できる良い方法がないかと思っている」と二次抽選を示唆するコメントをしている。今のところ、落選組の今後の購入チャンスは、旅行代理店での公式観戦ツアー抽選申し込み(7月24日開始)、秋以降に予定の先着販売、来春予定の窓口販売と公式リセールサイトでの販売のみとなっている。

 また、いくつかの東京五輪スポンサー企業は、対象商品購入などでチケットが当たるキャンペーンを展開。例えばパナソニックでは合計2,020人にチケットが当たる太っ腹なキャンペーンを開催している。五輪チケットをなんとか入手したいという人も多いと思うが、くれぐれも偽サイトやURLが記載されたフィッシングメールにはご注意を。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ