まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

アジア5カ国の8割が「日本で働きたい」 心配なのは差別や日本語

 深刻な人手不足に対応するための新しい在留資格「特定技能」。この対象国になっているアジア5カ国に住む人を対象にした「日本での就業意向調査」(ディップ・東京)によると、8割の人が「日本で働いてみたい」と考えていた。 

 中国、ベトナム、フィリピン、インドネシア、タイに住む500人を対象に調査。日本で働いてみたいという人のうち98%が、介護や外食業など定められた14業種に従事する「特定技能1号」に関心を持っていた。働いてみたい理由(複数回答)は、「自国より年収が高い国で働きたい」「最先端の技術を学びたい」「清潔な国で働きたい」が7割超。もっとも、「外国人ということで差別されるのではないか」「言語の壁」など、さまざまな不安を感じている人も多い。 

 日本以外の国で希望しているのは、アメリカ(64.4%)、シンガポール(62.4%)、オーストラリア(61.4%)が上位3か国だった。 

 

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ