まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

建てた家はイメージ通り? 失敗はコンセントの配置

House inside interior. 建築関係が専門でなければ、家を建てる前に図面で“出来上がり”をしっかりイメージするのは簡単なことではないかもしれない。間取りや外装、内装は分かっても、実際に住んでみないと分からない不便は、個人の生活様式に関わることでもあるからだ。家を建てたことがある人に「間取り作りの失敗例と成功例」についてアンケート調査したところ(スタークラフト・東京)、失敗したと感じる点で最も多かったのが、コンセントの配置や量だった。

main

 家を建てた経験のある200人を対象にした調査。まず、建てた家に満足している人は64%。不満を持つ36%のうち多くは、住んでから「イメージと違った」と回答している。具体的に失敗したと感じたことで一番多かったのは「コンセントの配置や量」。スマホ充電やパソコン関連などで、旅先のホテルでもコンセントが足りない、と感じることは少なくないが、日常生活を送る自宅となるとなおさら。仕事場やリビング、寝室など普段の生活を考えれば、コンセントが必要な場所はかなり多いかもしれない。実際、間取りに満足している人は「住んだ後のイメージを想定した」と回答。専門家に相談したり、シミュレーションソフトを使うなど工夫をしていた。

 失敗の2位は「収納スペースづくり」、3位は「窓の数や大きさ」だった。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ