まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

意外と知られていない?オリンピックデーラン 今年は太田市を皮切りに全国9カ所で開催

小雨の中でも元気よくスタートダッシュするオリンピックデーランの参加者(2019年6月9日、群馬県太田市運動公園野球場)。
小雨の中でも元気よくスタートダッシュするオリンピックデーランの参加者(2019年6月9日、群馬県太田市運動公園野球場)。

 桜前線は瞬く間に通り過ぎ、関東や東北南部は6月7日に梅雨入りした。梅雨が明ければあの暑い夏がやってくる。季節の移ろいはあっという間で、いつの間にか東京オリンピック・パラリピックの開催が来夏に迫っている。

 オリパラ機運盛り上げのイベントも次第に数を増す中、意外と知られていないのがオリンピズム(オリンピックの理念)を伝える「オリンピックデーラン」だ。

 国際オリンピック委員会(IOC)創設日の「オリンピックデー」(6月23日)を記念して、日本オリンピック委員会(JOC)が開催地の自治体と一緒に全国各地で毎年開いている。1987年から始まる息の長い行事で、今年は全国9会場で開催する。

五輪マークの入った旗を持つ10人のオリンピアン。
五輪マークの入った旗を持つ10人のオリンピアン。

 市民がジョギングやウォーキングを楽しみながらオリンピアン、パラリンピアンと交流し、国際平和や人権の尊重、人種や国籍で差別しない平等理念など「オリンピックの価値」を再認識する貴重な場となっている。

 ことし第1回目のデーランはあいにくの小雨がぱらつく中、群馬県太田市の市運動公園野球場で開かれた。天候不順にもかかわらず親子連れなどおよそ千人が参加。3.2kmあるいは1.8kmのジョギングを楽しんだ後、この日招かれた10人のオリンピアンと交流した。

オリンピアンと手をつないで開会式に臨む子どもたち。
オリンピアンと手をつないで開会式に臨む子どもたち。

 ジョギング前の体をほぐす準備体操には、デーランパートナー企業JXTGエネルギーのマスコットキャラクター「エネゴリくん」がサプライズ登場し、参加した子供たちを喜ばせた。

エネゴリくんが一緒に参加した準備体操。
エネゴリくんが一緒に参加した準備体操。

 10人のオリンピアンはジョギングスタート地点で参加者とハイタッチを交わした後、一緒にジョギングしたり、屋内の体育館でのトークショーやサイン会などでデーランを大いに盛り上げた。

 トークショーでは各自が打ち込んだ競技の道具やシューズ、ユニフォーム、衣装などを持ち寄り、手に持ちながら、競技に合わせた特有の機能や制作費など一般の人があまり知らないことをいろいろ説明した。

ボブスレーシューズの裏を見せる長岡千里さん(中央)。左は軽い陸上シューズを持つ田中めぐみさん。
ボブスレーシューズの裏を見せる長岡千里さん(中央)。左は軽い陸上シューズを持つ田中めぐみさん。

 小塚崇彦さん(フィギュアスケート)は黒い衣装を紹介しながら「この種の衣装はデザイン料だけで20万円する」と話し、会場をびっくりさせた。田中めぐみさん(陸上競技)は1足140gの軽いシューズを紹介。長岡千里さん(ボブスレー)は氷上でも滑らない工夫を施してあるボブスレーシューズの裏を見せながら特長を話した。

宙返りを決め会場を盛り上げた田中和仁さん。
宙返りを決め会場を盛り上げた田中和仁さん。

 田中和仁さん(体操)は他のオリンピアンの急な注文にも関わらず、軽々と華麗な宙返りを見せ盛んな拍手を受けていた。

 

野藤優貴さん(スノーボード、手前右)からTシャツにサインしてもらう参加者。
野藤優貴さん(スノーボード、手前右)からTシャツにサインしてもらう参加者。

 サイン会には子供から大人までの参加者の長蛇の列ができ、デーラン参加者特典のTシャツや持参のサイン帳など各自思い思いの箇所に、サインしてもらっていた。

 体育館内では輪投げやティーボ―ルなどを体験できるコーナーもあり、ジョギングに参加するにはまだ早い小さな子どもたちが親やオリンピアンの手を借りながら一生懸命挑戦する微笑ましい姿も見られた。

種田惠さん(競泳、前列左)と一緒に輪投げに挑戦する子ども。
種田惠さん(競泳、前列左)と一緒に輪投げに挑戦する子ども。

 会場は、老いも若きも、障害のある人もない人も、国籍や肌の色も関係なく、オリンピズムあふれる終始、和気あいあいとした雰囲気に包まれていた。

 次回は6月23日、北海道士別市で開かれる。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ