まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

出産立ち会いよりベンチへGO? サッカー観戦のため犠牲にできるもの

soccer ball 答えづらい質問かもしれない。でもサッカーファンは言ってしまう。仕事より、お酒より、家族よりサッカーだ!と。日本人500人を含む世界のサッカーファン1万6,500人を対象にした「Expediaグループによるサッカー観戦旅行に関する調査」(Hotels.com)によると、日本のサッカーファンは、観戦のためなら結構いろいろなものを“後回し”にできるようだ。

 たとえば、試合を生で観戦するために、友人との飲み会(31%)や休日(23%)そして飲酒(22%)を犠牲にしても良いと回答。36%が、ズラタン・イブラヒモビッチやクリスティアーノ・ロナウドのゴールを見逃したくないがために、「仕事をさぼったことがある」と答えた。

 また、28%が家族行事よりもサッカーを優先、日本男性の11%が、チャンピオンズリーグの決勝戦を観戦できるなら、出産の立ち合いより優先してしまうと告白した。それだけでは終わらない。サッカーのためには19%が1カ月間スイーツを我慢でき、22%は試合観戦のために1カ月間禁酒しても構わないとのこと。ミレニアル世代はさらに多く、36%が禁酒しても構わないと考えていた。

 こういう結果を見ると、つい男性ファンばかりを想像してしまうのは先入観。サッカー観戦のために有給休暇を使う計画を立てる男性ファンが14%であるのに対して、女性ファンはなんと18%に上る。また女性サッカーファンの30%が、女友達とのパーティーやお酒の席よりも、サッカー観戦を選ぶという結果が出ている。

 ところでこの面白い調査をしてくれたHotels.com、「アウェイの試合に足しげく通い、各地で数泊しているのであれば、その絶え間ない“ファン魂”は還元されるべき」ということで、10泊ためると1泊無料になる特典を用意。UEFAチャンピオンズリーグは終わったが、今後の観戦に役立ててみるのもアリ!?

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ