まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

ぴあ映画初日満足度ランキング 完全オリジナル劇場アニメ『プロメア』がトップに

『プロメア』 (C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG
『プロメア』 (C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

 「ぴあ」スマートフォンアプリは、5月24日、25日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。

 それによると、第1位は、TVシリーズ『天元突破グレンラガン』『キルラキル』を手がけた今石洋之監督と脚本家の中島かずきが、再びタッグを組んだ完全オリジナルの劇場アニメ『プロメア』だった。見た人の中からは「アクションシーンが印象的で、カメラワークが上手で全体的にカッコよかった。熱いシーンが多くて、常に叫んでいる主人公を見ているとより情熱が伝わってきて感動した」(22歳・女性)といった声が出ている。

 第2位は、「武蔵-むさし-」。「蠢動-しゅんどう-」で注目された三上康雄が、何度も映画化されてきた武蔵を、史実に基づくオリジナルストーリーで映画化した時代劇だ。第3位は、「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」という一文で知られる仏教書『歎異抄』を解説した高森顕徹による同名書籍をアニメ化した「歎異抄をひらく」だった。

************************************

1位『プロメア』92.9点

2位『武蔵-むさし-』92.7点

3位『歎異抄をひらく』92.5点

4位『神と共に 第一章:罪と罰』92.1点

5位『小さな恋のうた』91.6点

6位『パリ、嘘つきな恋』88.7点

7位『空母いぶき』83.0点

8位『パリの家族たち』81.9点

9位『貞子』76.8点

10位『ベン・イズ・バック』76.5点

(5月25日ぴあ調べ)

************************************

 ぴあ映画初日満足度調査は、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表している。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ