まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

体型変化の“分岐点”となる年齢は? ダイエットに関する調査

img_183227_1

 「お肌の曲がり角」という言葉があるが、加齢による変化は肌だけでなく体形にも現れてくる。ダイエット専門外来・渋谷DSクリニック(東京)は、ダイエット実態調査を実施し、全国の25〜45歳のダイエット経験のある女性553人から回答を得た。

 まず、35~44歳のいわゆる“アラフォー”女性に対して「痩せにくくなったと感じ始めた年齢は?」と質問したところ、回答の平均は「32.5歳」となった。「まだ感じたことはない」の回答は全体のわずか6%。32歳ごろを機に、体形変化を感じる人が多くなる傾向にある様子だ。

 25~34歳の女性、35~44歳の女性それぞれに「実感したことのある加齢による体形変化」(複数回答)について聞くと、最も多かった回答は順に「お腹が出てきた」「体重が増えた」「腰回りが太くなった」「ヒップが下がった」「太ももが太くなった」という結果に。アラサー・アラフォーで大きな違いは出なかったが、アラサーの回答選択数が平均4.1であるのに対し、アラフォーでは平均5.0となり、明らかに、アラサーからアラフォーにかけて感じる体形変化は増加している。

img_183227_2

 ダイエット専門ドクターによると、加齢による基礎代謝の低下やホルモンバランスの変化・ライフスタイルの変化が体形変化につながっているという。食事・睡眠・運動の状況をいま一度振り返ってみよう。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ