まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

「スマホがないと生きていけない」 そんな人は1,000人中の何人?

A woman relaxing at a cafe アドビ(東京)は、消費者のモバイル利用に関する意識調査「Mobile Marketing Research 2019」を実施した。この調査の対象は、日本国内のスマートフォンを所有する消費者1,000人。

 調査では、日本国内のスマートフォンを所有する消費者の83%が、外出先でデバイスが必要であると回答。全世代を通じて8割を超えており、モバイルデバイスは日本人の生活に着実に浸透している様子だ。

 さらに、スマートフォンを2週間取り上げられたらと仮定した場合、回答者全体の58%は、「無しでは生きていけない」または「とても不便」と答えている。特に、若い世代ほど「無しでは生きていけない」と答える傾向が強い。一方、なくても「構わない」と答えたのは全体でわずか6%だった。

 モバイルデバイスを使ってできることの中で、1~2年前より増えた行動について質問すると、渋滞情報/GPS/地図の利用(53%)、Touch ID(指紋認証)またはFace ID (顔認証)の利用(31%)、および文書のスキャン/撮影(26%)。また、買いたいものは全てモバイルで買うことができると答えたのは回答者の半数以上(53%)に上った。

 消費生活でPCや実店舗よりモバイルを使うことが多い行動は、配送状況の確認(50%)、レストラン予約(43%)、電化製品購入前の調査(40%)、購入したい服の検索(34%)、返品・交換の手配(33%)、出前の注文(30%)の順。その一方、食料品の買い出し(55%)や銀行の利用(35%)では、他の手段と比べて実店舗で行うことが多くなっている。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ