まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

「令和」とともに検索されたキーワードは? まずは「意味」を知りたいよね

Word REIWA and HEISEI in kanji NTTレゾナント(東京)が運営する「goo+dランキング(グッドランキング)」は「dメニュー」の公開データを用いて、ユーザーの興味・関心を分析している。今回は「dメニュー」の検索ログから、新元号「令和」の検索数を調査。「令和」と併せて検索されたキーワードをランキング形式で紹介した。調査期間は2019年4月1日~4月15日。

 「令和」と併せて検索されたキーワードの1位は「意味」、2位は「令和」の典拠として挙げられた「万葉集」、3位は「新元号」と、トップ3は発表当日にメディアで話題となったキーワードが占めた。

「令和」と併せて検索されたキーワード(調査期間:2019年4月1日~4月15日)
「令和」と併せて検索されたキーワード(調査期間:2019年4月1日~4月15日)

 4位には「地名」、6位には「名前」がランクインするなど、「令和」の名前が使われている地域や人に注目が集まった様子。9位の「ゴールデンボンバー」は新元号発表の2時間後に新曲「令和」を公開して話題を呼んだことが、検索数の上昇につながったようだ。

_prw_PI2lg_ed85F8Pv
「令和」と「万葉集」を含むキーワードの時間別検索数

 新元号の発表は午前11時41分。4月1日午前11時台から24時間、「令和」と「万葉集」を含むキーワードの時間別検索数の推移を見ると、「令和」と「万葉集」ともに12時台がピークとなった。お昼休みに検索した人が多かったのかもしれない。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ