まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

胃腸の不調と慢性的な疲れには密接な関係が ビジネスパーソン1000人に聞きました

Businessman in a white shirt and tie holding his stomach. Abdominal pain. Isolated background 養命酒製造(東京)は、働き盛り世代の「胃腸不調」と「疲れ」というテーマで、インターネット調査を行った。回答したのは、全国の30歳~49歳のビジネスパーソン1,000人。それによると、働き盛り世代は胃腸が不調のようで。

 最初に、胃腸不調を感じるか聞いたところ、全回答者の3割(29.1%)が「当てはまる」と回答、“胃腸不調さん”に該当する結果となった。ストレス過多、帰宅後に取る深夜の食事、栄養バランスの悪い食事、慢性的な睡眠不足など、胃腸不調の原因になりそうな悪い生活習慣を見直すゆとりのない人が、働き盛り世代には多い様子。さらに、常に疲れを感じるか聞くと、全回答者の半数(49.5%)が「当てはまる」と答えるなど、30代・40代という働き盛り世代では、2人に1人が慢性的な疲れを感じているという実態が明らかになった。

 そこで、慢性的な疲れの症状の自覚別に、“胃腸不調さん”の割合を見ると、慢性的な疲れがある人では46.7%と、慢性的な疲れがない人(11.9%)の約4倍に。慢性的な疲れの症状と胃腸不調の症状の関係性がうかがえる。

 また、“胃腸不調さん”の割合が高かった慢性的な疲れがある人の割合を男女年代別に見ると、女性の疲れの症状が男性よりも深刻な状況で、30代女性の約6割(57.6%)が常に疲れを感じている結果となった。家事・育児や仕事などに追われ、妻、母、会社員と何役もこなす、頑張りすぎの生活が続いている女性が多いのかもしれない。

 他方、体力の低下を感じるかとの質問では、全回答者の7割(69.4%)が「当てはまる」と回答。胃腸不調の自覚がある人では92.4%と、自覚がない人(59.9%)と比べて32.5ポイント高くなっている。“胃腸不調さん”の大多数が体力の衰えを感じているようだ。

 胃腸その他の不調を引き起こす生活習慣・ストレスの改善が第一だが、健康のためには胃腸にいま一度目を向けてみよう──そんな調査結果となっている。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ