まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

モテるまぶたといえば二重!? 7割は「アイプチ」経験者

Young  woman doing makeup eyebrow 「目」は顔の中で、人の印象を左右する大きな要素だが、一重か二重まぶたかで悩んだ経験はある?

 アチーブ(東京)は、10・20代の女性1,065人を対象に、「一重まぶたと恋愛」に関する意識調査を実施した。まず、自分のまぶたが一重か二重かを聞いたところ、「二重まぶた」としたのは約半数の54.4%。「一重まぶた」は33.0%で、「左右で違う」という人は12.6%いた。

 一般的に、二重の方がパッチリとして目が大きく見えるといわれている。ぱっちり二重と重ための一重、どっちの方がモテると思うか聞くと、97.7%の人が「ぱっちり二重」のほうがモテると回答。一重の人にその悩みを尋ねると、「写真が盛れない」(29.6%)、「メーク映えしない」(28.8%)、「性格がきつそうな印象を与える」(20.8%)となった。二重の人にも悩みがあるかを質問すると、「特にない」(39.0%)が一番多かったが、「左右で二重の幅が違う」(22.7%)、「奥二重なので、メークがしにくい」(18.0%)など、一重でも二重でも美の悩みは尽きないことが分かった。

 一重まぶたの人に、目を二重にするコスメグッズ、いわゆる「アイプチ」を使ったことがあるかを問うと、66.1%が「はい」と回答。「アイプチ」の最大のメリットは、「簡単に二重が作れる」(37.2%)だった。逆に、「アイプチ」のデメリットとしては、「目をつぶるとバレてしまう」(52.4%)、「メークの時間が長くなる」(16.5%)、「水に弱いので夏場が大変」(13.9%)などが挙がった。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ