まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

夢をとるか生活をとるか 国内と海外学生の就職意識

Fresher's women 個人の違いはもちろん、環境の違いも大きいようだ。同じ日本人学生でも、国内と海外留学生の「目指す働き方」には違いがある。2020年卒業予定の学生を対象にした「キャリタス就活2020就職希望企業ランキング」(ディスコ・東京)で、国内学生の支持を集めたのは総合商社、海外留学生の人気は外資系、コンサルだった。

 国内総合ランキングのトップに輝いたのは 伊藤忠商事。一昨年の7位から昨年は2位に上昇し、今年は首位。三菱商事も3ランクアップして3位。全体的に銀行の順位がダウンし、総合商社がアップ。またJTBグループが、昨年39位から8位へと大幅なランクアップだった。

 一方、海外留学生組の人気企業筆頭は、Deloitte Tohmatsu。2位にPwC、7位に マッキンゼー・アンド・カンパニーなどコンサルティング系企業に多くの票が集まった。アマゾン、グーグルといったグローバルIT企業もランクイン。日本企業でTOP10にランクインしたのは三菱商事、全日本空輸の2社。一方、国内学生のランキングTOP10に外資系企業は1社もなく、企業選びの違いが鮮明に出た。

 職業観を比較すると、国内学生では「仕事は自分の生活を安定させる手段」との答えが6割だったのに対し、海外留学生は「夢を実現する手段」が7割。また、海外組は「高収入を得たい」が大半だが、国内組は「生活が安定していれば収入にはこだわらない」も少なくなかった。また、「ひとつの会社で長期的に」が7割近い国内組に比べ、海外組は「同じ会社で働くことにはこだわらない」が6割と、転職に対する意識の差も顕著だった。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ