まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

ストレス、板ばさみ、不安 平成の課長の胸のうち

イメージ
イメージ

 どんな時代でも課長さんは大変だが、とりあえず「時代」でくくってみる元号移行期、平成の課長さんはどんな日々を過ごしていたのか振り返ってもらったところ、「ストレス」と「板ばさみ」そして「不安」を抱えて過ごしていたようだ。

 JTBコミュニケーションデザイン(東京)が行った「平成の課長調査」は、30~59歳で、従業員数100人以上の企業で「課長」または同等の職位にある1,000人と、18~24歳の一般社員200人を対象にしたもの。まず、平成時代を課長として過ごした日々については、「ストレスが多い」(46.8%)と感じた人が最多。「上司と部下の板ばさみになる」(37.1%)、「課長としてこれでいいのかと不安がある」(34%)、「忙しく、時間の余裕がない」(32.6%)、「課長は孤独である」(32.1%)と続いた。

 そんな課長の部下である若手社員からは、「ストレスが多そうだ」(38.5%)という見方もあるものの、「部下から頼りにされている」(33.5%)、「部下からよく相談されている」(27.5%)とも映っている。部下の信頼を受け頼られつつも、ストレスや不安を胸に仕事をするのが、平成時代の課長の姿だ。

 一方、30代課長では、「人として成長できる」(31%)、「挑戦できる」(23.5%)など前向きな意見も目立った。

 平成でやる気が高かった時期をたずねると、30代課長は「最近の5年間」(34.5%)が最多。「昇進した(65.2%)というのが理由だ。40代課長は「いざなみ景気(2002~2007年)」(30.3%)の頃で、「ハードだったが、やりがいがあった」「成長できた」から。50代課長では「バブル崩壊期から平成不況期(1991~2001年)」(43.8%)。こちらもハードだったが、やりがいがあったからだ。

 そんな平成時代の課長が新入社員として人生をやり直すとしたら、「家庭や趣味を大切にマイペースの人生を送りたい」(44.7%)という人が最も多い。「専門家として高みを目指す人生を」「安定した組織で、安心して仕事をしたい」「革新的な仕事がしてみたい」なども。人生100年時代、まだまだこれから~。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ