まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

男の子は飛翔し、女の子は植物のように力強く! 子どもの名前で振り返る「平成30年史」

Concept of choosing baby name. Pink and blue decorative straw cradles with thread hearts and text name? on light background どこもかしこも「令和」の話題でもちきりだが、「平成」も残すところあと1カ月足らず。新しい御代に突入する前に、いろいろな側面から平成を振り返ってみるのもいいかもしれない。

 1989年以降、毎年、赤ちゃんの名前ランキングを発表している明治安田生命保険は、平成の30年間における子どもの名前の変遷をまとめている。それによると、平成30年間で最も多く1位を獲得した名前は、男の子が「大翔(ひろと)」くん、女の子が「美咲(みさき)」ちゃんだった。

 1位を獲得した回数は、男の子では1位 大翔(8回)、2位 翔太(しょうた・6回)、3位 蓮(れん・5回)がトップ3。2位を2回獲得している翔(しょう)を含めると、「翔」の字を使った名前が大人気だった。「我が子に大きく飛翔してほしい」という親の願いがひしひしと伝わってくるようだ。

 女の子は1位 美咲(8回)、2位 陽菜(ひな・7回)、3位がさくらと葵(あおい)で、ともに4回だった。上位はほぼ花や植物にちなんだ名前になっており、「華やかさ」だけでなく、「根を張り、花を咲かせ、実を結ぶという力強さ」という女性活躍時代の願いが込められたのだろうか。

 平成を初期(平成元年~10年)、中期(平成11年~20年)、後期(平成21年~)に分けて振り返ってみよう。

 平成初期に最も人気だったのは、男の子では翔太(6回)くんがダントツ。次いで拓也(2回)くん、健太(1回)くん、大輝(1回)くんだった。ちなみに、翔太くん、拓也くん、健太くんは、平成元年から実に7年連続でベスト3を独占している。平成8年以降は、「海」「陸」「大地」など、自然を連想させる漢字を使用した名前の人気が上昇。海斗くん、拓海くん、大樹くんなどもランクインしている。

 女の子では、圧倒的人気の美咲ちゃんに次いで、愛ちゃん、彩ちゃん、明日香ちゃん、萌ちゃんなどが平成初期の人気に。特に愛ちゃんは昭和53年から平成9年まで実に20年連続でトップ10入りするほど息の長い人気だったが、平成10年以降はトップ10から姿を消している。

 平成中期に最も多く1位を獲得したのは、男の子で大輝(3回)くんと大翔(3回)くん。トップ10で見ても大輝くんは7回、大翔くんは6回入っている。次いで、翔(2回)くんのほかに、各1回の駿くん、蓮くん、陸くんなどが人気だった。

 女の子の名前で中期に人気だったのは、陽菜(4回)ちゃん、次いでさくら(3回)ちゃん、美咲(2回)ちゃん、葵(2回)ちゃんなど。平成初期に上位に見られなかった、「さくら」ちゃんや「ひなた」ちゃんなどのひらがなの名前が人気となったのも特徴的だ。

 平成後期になると、男の子では大翔(5回)くん、蓮(4回)くん、悠真(2回)の三強時代に。このどれかがトップ3に入る年が多かった。平成29年調査では、自然を連想させる漢字一文字の名前(蒼・蓮・岳・颯・旭・樹・陸など)がベスト50に多くランクインした。

 女の子では、陽菜(3回)ちゃん人気が後期も継続、続いて結菜(2回)ちゃん、葵(2回)ちゃんという結果に。東日本大震災で人と人を結ぶ絆が注目されたためか、「結」の字が人気になり、結菜ちゃんのほかに、結愛ちゃんや結衣ちゃんも上位にランクインしている。

 さて、「令和」の時代にはどんな名前が人気になるのだろうか。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ