まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

高い?満席?諦めないで まだ間に合う10連休計画

img_180756_1 前代未聞、最大10連休のゴールデンウイークがやってくる。これまで行けなかった海外旅行、国内の長期旅行を計画したいけど、高いし、予約もいっぱいなんじゃ?…いえいえ、諦めないで。まだ8割の人は予定が決まっていないということが、アンケート調査(阪急交通社・大阪市)で分かった。

 20代以上の会社員、公務員を対象にした調査で、547人の回答結果。まず、10日間休みがとれるという人は約半数。7~9日間と言う人が17%。いずれにせよ、多くの人にとってかなりの“大型連休”になる。もっとも、まだ予定がないという人が8割。10日間全て予定がないという人も6割に上る。つまり、これから決める人が大多数だ。

 理想通りの旅行先に行けそうかという質問については、17%がイエス。一方、「理想の旅行先ではないが旅行ができそうだ」と「旅行したかったができなさそうだ」の合計は34%。理想通りの旅が実現しそうな人はあまり多くない。理由を見ると、理想の旅行先は「旅費が高くてあきらめた」が半数近い。また「混雑しそうなのであきらめた」という人も。

img_180756_4

 10連休で心配なのは混雑、渋滞のほか、「お金の使い過ぎ」も挙がった。

 さて、阪急交通社では現在も韓国、台湾、タイなどのアジア方面のツアーが申込み可能。普段よりは高めだが、例えば台湾だと3日間のフリープランで5万円台から。国内でも、日帰りバスツアーなどはまだまだ予約できる。関東から九州ではネモフィラ、藤、芝桜などの花が見頃。北海道や東北では桜が見頃、関西や九州ではいちご狩りツアーなど、春の行楽シーズンを思う存分楽しむのもいいのでは。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ