まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

引っ越し荷物で3年前より減ったものって? 平均の荷物量は減少中

main 春からの新生活に向け、引っ越し準備に取りかかっている人も多いかもしれない。引っ越し先の住居の様子によって、持っていくもの、買い足すもの、処分するものなどさまざま。さて、荷物はいくつになっただろう? 引っ越し荷物に関するアンケート調査(エイチーム引越し侍・名古屋市)によると、平均の荷物量は35.2個で、3年前より2.1個減っているという。

 同社が運営する引っ越しの見積もり比較サイト、「引越し侍」の利用者約17万人を対象に調査。減少率の高い荷物は、タンス類が-14.1%、パソコン-12.9%、ストーブ・ヒーターが-6.3%の順。言われてみれば、住居に収納がついている所も増えたし、簡易な収納ボックスを活用する人も多い。パソコンもデスクトップではなくノート型のみという人が増えているのかもしれない。

sub3

 1回の引っ越しあたりの平均の荷物量を地域別に見ると、関東37.7個、関西36.2個、東海35.9個。荷物の中身を見ると、関東ではパソコンや空気清浄機・加湿器を新居に持っていく人が多く、北海道・東北ではエアコンを持っていく人が1番少ないという特徴があった。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ