まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

“バリキャリ”よりも“ゆるキャリ”指向の女性多数 最も家庭に注力したい年代は20代!

Businesswomen working in the office. Positive workplace concept. 日本FP協会(東京)は、全国の20代~50代の就業女性を対象に、今回で3回目となる「働く女性のくらしとお金に関する調査」を実施し、1,200人の有効サンプルを集計。それによると、希望する働き方について“ゆるキャリ”が“バリキャリ”を圧倒していることがわかった。

 まず、「外に出て働いていたい」と「家庭のことに注力していたい」のどちらに近いか聞いたところ、「外に出て働いていたい」が62.7%、「家庭のことに注力していたい」が37.3%に。世代別にみると、「家庭のことに注力していたい」の割合が最も高いのは意外にも20代(45.0%)で、最も低いのが40代(32.0%)だった。

img_179300_1

 次に、「働くなら、バリバリ働きたい」と「働くなら、ゆるく働きたい(家計の足しになる程度)」のどちらに近いか聞くと、「働くなら、バリバリ働きたい」が33.6%、「働くなら、ゆるく働きたい」が66.4%という結果に。こちらも世代別にみると、「働くなら、バリバリ働きたい」の割合は50代(38.0%)が最も高く、30代(31.3%)が最も低い。

img_179300_2

 現在の働き方については、「自分らしい働き方ができている」が65.7%、「自分に合っていない働き方をしている」が34.3%となり、「自分らしい働き方ができている」人の割合は上の世代ほど高くなる傾向がある。

 一方、未婚者(572人)に、「女性は出世するほど、結婚相手が見つかりにくくなると思う」か聞いたところ、「そう思う(計)」(「非常にそう思う」と「ややそう思う」の合計、以下同様)は63.8%・役職の有無別にみると、「そう思う(計)」の割合は、役職についていない人では64.9%、役職についている人では71.8%と、役職についている人のほうが6.9ポイント高くなっている。

img_179300_3

 結婚後、夫婦共働きの家庭では、役割分担が議論になるが、全回答者(1,200人)に、結婚後に(夫が望むなら)夫が専業主夫になってもいいと思うか聞いたところ、「そう思う」は35.4%、「そう思わない」は64.6%に。「そう思う」理由を聞くと、「いろいろな家庭があってもいいと思うから」(58.6%)が最も多く、「夫は仕事・妻は家庭という時代ではないと思うから」(34.8%)、「家事・育児も立派な仕事だと思うから」(29.2%)が続いた。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ