まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

ワインに詳しい人、どう思う? ビジネスの教養としての知識でもあり…

three glass of white red and rose wine with dim light in wooden restaurant table with a grape background ワイン好きなら言うに及ばずだが、特別好きでなくても、念のために知っておくと役に立つこともあるのだろう。ワイン情報サイト「ワインバザール」による「ワインの知識」に関する調査(バザール・横浜市)によると、ビジネスシーンの教養として、ワインの知識は必要だという人が48%に上った。

sub1

sub2

 ワインを月1回以上飲む20歳以上の男女200人を対象にした調査。ワインは紀元前から世界のさまざまな国で親しまれている古いお酒。種類や味、生産地や生産者、ブドウの品種や飲み方、料理との相性まで、まつわる知識は膨大だ。身近にワインに詳しい人がいたらどう感じるか尋ねたところ、「いろいろ教えて欲しい」(男性:28.0%、女性:34.0%)と答えた人が男女ともに最も多く、「かっこいい」(男性:26.0%、女性:31.0%)、「頼りになる」(男性:21.0%、女性:28.0%)など、上位5位までをなかなかポジティブな印象が占めた。ワインに詳しい人について「苦手」(男性:11.0%、女性:6.0%)というネガティブな印象を持つ人は少ないようだ。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ