まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

ポイント活用について2,000人に聞きました 最も使っているサービスは?

Purse and a point card ネットエイジア(東京)は、「日本人のポイント活用に関する調査」を実施し、20歳から49歳までの男女2,000人(男性1,000人、女性1,000人)から回答を得た。

 それによると、利用しているポイントサービス(複数回答)の1位は「Tポイント」(66.9%)で、およそ3人に1人が利用し、以下「楽天スーパーポイント」(54.4%)、「Pontaポイント」(47.9%)、「dポイント」(28.5%)、「Amazonポイント」(25.2%)と続いた。2017年12月実施の前回調査結果と比較すると、「dポイント」の利用率が上昇(2017年:6位24.7%→2019年:4位28.5%)している。男女年代別にみると、「LINEポイント(LINE Pay)」を20代女性の3割が利用していることが特徴的だ。

img_178327_1

 各ポイントサービスの利用者が“このサービスはポイントを貯めやすい”と評価した割合(以下、貯めやすさ満足度)をみると、1位は「楽天スーパーポイント」(69.2%)で、2位「Tポイント」(55.9%)となった。また、「ゴールドポイント(ヨドバシカメラ)」は、「利用しているポイントサービス」における順位は10位圏外だったが、貯めやすさ満足度は5位(35.1%)と利用者からの評価が高い。

 “普段の買い物”での貯めやすさ満足度をみると、1位「Tポイント」(57.9%)、2位「楽天スーパーポイント」(53.4%)、3位「Pontaポイント」(37.8%)となっている。

 一方、“旅行”での貯めやすさ満足度をみると、1位「JALマイレージバンク(日本航空)」(70.0%)、2位「ANAマイレージクラブ(全日空)」(67.3%)、3位と航空会社系のサービスが3位以下を大きく引き離した。

 どんな店の利用でポイントをためるかについては、1位「コンビニ」、2位「スーパー」、3位「ドラッグストア」、4位「ネット通販」の順で、ポイントをためるための心掛けとしては、「たまる店で買う」。「ポイント○倍デーに買う」、「ネットで買う」といった回答が多い。たまったポイントの使い方(複数回答)では、1位「買い物で使う」(76.4%)、2位「電子マネーと交換」(31.2%)、3位「現金化」(26.0%)が上位となり、買い物派が圧倒的に多くなっている。

 ポイントサービスに対する意識・態度について聞くと、「ポイントサービスが好き」では、「あてはまる」(「非常に」と「やや」の合計、以下同様)と回答した人が8割以上となり、「ポイント活用で節約ができた」は「あてはまる」が72.7%。反対に、「ポイント活用で浪費が増えた」では「あてはまる」は36.1%にとどまり、ポイントサービスを上手に活用するいわゆる“ポイ活”で節約をしている人が多いようだ。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ