まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

あなたの「疲労対策」は? 20歳以上の男女1,000人に聞きました

Coffee cups, notebooks, plane cakes and maps are placed on the table. ネオマーケティング(東京)が全国の20歳以上の男女1,000人を対象に「疲労対策」をテーマにしたインターネットリサーチを実施したところ、最も疲れを感じる人が多いシーンは「朝起きたとき」(43.2%)だった。

 4割以上の人が朝につらさを感じており、「仕事から帰宅するとき」(38.7%)、「夜寝る前」(38.1%)を上回った。疲れの原因としては「睡眠不足」が59.6%と最も高く、「加齢」45.7%、「仕事」34.9%と続いている。

 一方、「疲れ」を感じた時に解決する方法を聞くと、睡眠不足が疲れの原因として最も多いためか、「睡眠」(78.6%)がトップに。「入浴」(42.5%)、「食事」(30.0%)を大きく引き離している。年代別では、「食事」と回答した20代の割合が、他年代と比べて10ポイント程高くなった。

 「疲れ」を感じたときに摂取しているものとしては、「コーヒー・コーヒー系飲料」(28.6%)が最も多く、「お菓子」(24.9%)、「ドリンク剤」(21.1%)、「ビタミン剤」(20.3%)が続いている。また、「疲れ」に効きそうだと思うもの、飲み物に含まれていたら購入したいと思うものを、約40項目の中から聞くと、いずれも「ビタミンC」が最も多くの回答を集め、「蜂蜜」「お酢」が続いた。

 疲れた時の「癒やし」を聞いたところ、「おいしいものを食べること」(36.3%)、「お風呂」(30.8%)、「旅行」(21.6%)の順に多かった。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ