まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

国旗の区別、つきますか? 意外と知らない北欧の真実

img_176693_1 家具や食器、サンタクロースにムーミン。北欧を知るアイテムは多い。でも、国の位置や国旗、サルミアッキやフィヨルドはどれくらいの人が正確に知っているだろう?知名度調査(阪急交通社・大阪市)によると、地図上で北欧4カ国を正確に答えられる人は3割にとどまった。

 今年は日本とフィンランドの外交関係樹立100周年。さまざまなアイテムが輸入され、ずいぶん身近になった北欧だが、全国の20代以上の男女550人を対象に調査したところ、地図上でノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランドの位置を全部正しく答えられる人は30%、全て分からない人も38%。デンマークが47.5%と多少正答率が高いが、全体として分かっている人は半数以下だ。

img_176693_7

 また、北欧4カ国の国旗はノルディッククロスと呼ばれる十字が描かれ、どれも似たデザイン。一番良く知られていたのはスウェーデンの国旗だが、それでも分かった人は3割。ノルウェーの国旗は最も知名度が低く、知らないと答えた人が約45%に上った。

 北欧と関係があるものについては、一番知名度が高かったのがフィンランドのムーミン。2位がスウェーデンのIKEA(イケア)。3位ノーベル賞。4位は童話作家のアンデルセンだった。調査項目の中で、知名度最下位だったのはサルミアッキ。「世界一まずいお菓子」として有名だ。この他、絶景として知られるノルウェーのフィヨルドの写真も、よく知っていた人は6.9%。

img_176693_5

 ちなみに、国連が発表している「世界幸福度ランキング」では2018年が1位フィンランド、2位ノルウェー、3位デンマークと、北欧がトップ3を独占。知っているようで知らない北欧、旅先としてまだまだ“探検”しがいがありそうだ。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ