まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

サバ缶好き多し! 塩焼き、味噌煮も

192e5d098f29abff23875fb709a649c6a0420846 日本の世相を反映し象徴する食として、ぐるなび総研(東京)が昨年「今年の一皿」に選んだ鯖(さば)。20~60代の3,221名に聞いたところ、9割が鯖缶好き、ブランド認知度の首位は「関さば」(大分)だった。

 鯖の人気は、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などの効果が話題になったことや、多様な鯖缶の登場、太平洋クロマグロやニホンウナギが相次いで絶滅危惧種に指定され、次の時代に向けた魚食文化の振興に注目が集まったことなどが背景にある。

 調査では、鯖の缶詰が好きな世代は40代が最も多く、長期保存ができ、手に入りやすいことなどが理由。好きな鯖料理は、鯖の塩焼き、鯖の味噌煮、しめ鯖がトップ3だ。地域別に見ると、刺身好きの割合が最も多かったのは九州(32.9%)。和食以外だと鯖のトマト煮を挙げる人が多かった。

 ブランド鯖の認知度で関さばに続く2位は、金華さば(宮城県)だった。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ