まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

職場における「ダイバーシティ」って? 1万人にアンケート調査

If you want to say something, say it here 「ダイバーシティ」って言葉をよく聞くけど、どんな意味か知っているかな? ──エン・ジャパン(東京)はこのほど、ユーザーを対象に「ダイバーシティ」についてアンケートを実施し、1万2,189人から回答を得た。それによると、その言葉の意味を知っている人は・・・。

 まず、「ダイバーシティ」の意味についてだが、企業活動の文脈においては、女性・シニア・外国人・障がい者・LGBTなど多様性を受け入れ、広く人材を活用することで生産性の向上や市場の多様なニーズに対応しようという考え方を指す。この「ダイバーシティ」という言葉を知っているかとの質問に対して「聞いたことはあるが意味はよく知らない」が51%、「知らない」が19%と、7割の人が意味を理解していないことがわかった。

img_174705_1

 ただ、知らない人に対して意味を伝えた上で、この考え方が大事だと思うか聞いたところ、95%が「大事だと思う」と回答。理由としては、「多様な視点を商品・サービス開発に活かすため」(57%)、「優秀な人材の確保のため」(47%)、「社会的マイノリティに対する就業機会拡大のため」(39%)が上位に挙がった。

 ダイバーシティはこのように重要と思われながらも、実際に「自社(離職中の人は直近の前職)では、ダイバーシティに取り組んでいると感じるか」と問いに、「積極的に取り組んでいる」は14%に留まっている。具体的な実施内容としては「女性の採用・活躍支援」(51%)が多かった。議員の失言や自治体の取り組みなどで話題になることが多い「LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなど性的マイノリティ)の採用・活躍支援」は4%だった。

img_174705_4

 

 一方、「職場におけるダイバーシティの促進のために必要なことは何だと思うか」(複数回答)との質問に対しての回答でトップ3は「ダイバーシティを受け入れる採用の促進」(57%)、「トップのコミットメント」(47%)、「ダイバーシティを活かす公正な評価制度の充実」(39%)となっている。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ