まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

2018年の注目アイテムランキング 進化した「クリア飲料」や「サバ缶」が脚光

img_173497_1 2018年を振り返ると、いろんなヒット商品があった。オレンジページ(東京)では、読者の確かな目で選ばれた2018年の注目アイテムをランキング化。それによると、上位ワードでは、昨年の注目ジャンルがさらに進化した動きがみられた。また「新規分野」でも開発が進み、今までになかった商品が数多く誕生! ランキングを見ても、AIがぐっと身近になった1年だった。

 注目アイテムのランキングは下記の通り。

1位 「クリア飲料」の勢いはさらに加速。新ジャンルの開拓も(407pt)

2位 空前の「さば缶ブーム」が到来! 個性的なさば缶が続々登場(382pt)

3位 甘酒ブームを経て「甘酒テイスト」の商品が定番化(352pt)

4位 サラダチキンブームが高じて「サラダ○○」が急増(351pt)

5位 家庭で料亭の味が楽しめる「あごだし」商品が人気(323pt)

6位 AIアシスタント機能搭載の「スマートスピーカー」が登場(274pt)

7位 ココナッツミルク、豆乳など植物性原料の「ノンデイリー」商品に注目(264pt)

 トップの「クリア飲料」だが、昨年は紅茶や清涼飲料水などに、無色透明のタイプが登場し、大きな話題になったが、今は人気がすっかり定着し、さらに数多くのフレーバーが生まれた。コーヒーは缶入りからペットボトル入りの「PETコーヒー」に人気がシフトしたほか、フレーバーつき強炭酸水など、新ジャンルも成長中だ。さらに、話題をさらったのは空前の「さば缶ブーム」。個性的なさば缶が続々登場した1年だった。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ