まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

コンタクトレンズの不満は? 左右を間違えたことがある人はなんと7割!

Side face close-up of woman put contact lens.

 あなたはコンタクト派?メガネ派?メニコン(名古屋市)は、コンタクトレンズを使用している20~40代の男女500人を対象に、「コンタクトレンズに関する調査」を行った。最初に「コンタクトレンズに対する不満」(複数回答)を尋ねてみると、ハードとソフトの使用者全体で1位となったのは「お金がかかる」(59.4%)だった。2位は「乾燥」(54.6%)、3位は「目に負荷がかかる」(40.4%)、4位は「そのまま眠れない」(36.4%)で、レンズの出費に加えて、日常生活の快適さに不満がある人が多いことが分かった。

 次に、「コンタクトを使用していて、左右を間違えて装着したことがあるか」と質問すると、一番多かったのは29%の「一度もない」だったが、「何度もある」と「少しある」はともに24%。「ある」と答えた人も23%で、なんと7割以上の人は、左右のレンズを間違えて付けたことがあるようだ。また、「レンズの交換時期を忘れてしまった経験」が「何度もある」人は26%。「ある」人は25%、「少しある」人は15%で、左右の間違えとともに、コンタクト使用者の多くは、誤った使い方を日常的にしていることが判明した。

 クリスマスは恋人とデートという人も多いだろうが、「デートの途中で、目が疲れたり乾燥したりして困った経験」が「ある」人は33%。「少しある」(24%)と「何度もある」(23%)を合わせると、80%の人はデート中に目のトラブルに遭遇しているようだから、今年のデートはコンタクトのスペアを持ち歩くといいかもしれない。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ