まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

暴走老人が多い国ニッポン? 成熟社会のシニアライフ

main

 店員や駅の係員に無理難題を言って困らせたり、並んでいる列に割り込んできたり、若い人を怒鳴りつけたりする“暴走老人”。目撃した人も多いだろう。元国連職員、谷本真由美さんが、『脱!暴走老人 ~英国に学ぶ「成熟社会」のシニアライフ』(朝日出版)を刊行した。高齢者も、いつかは高齢者になる若い世代も、なぜ日本では老人が暴走してしまうのか、改めて考えるきっかけになる内容だ。

 昨年の「犯罪白書」(法務省)によると、65歳以上の高齢者の犯罪は20年前の約20倍。私鉄やJRなど34社による「鉄道係員に対する暴力行為」も、加害者の年齢でもっとも多かったのが60代以上で、全体の23.3%を占めているそうだ。

sub7

 日本は他国に比べ豊かで、インフラは整備され、治安の良さはおそらく世界トップレベルなのに、なぜ高齢者が暴走してしまうのか。ロンドンと日本を往復して暮らす著者が、経済的、社会的に疎外されている高齢者に焦点を当て、孤独で苛立ちを募らせてしまう背景を掘り下げる。一方で、ヨーロッパでは町のつくりや高齢者の生活向上に貢献する多数の非営利団体の存在、そもそも年をとることを日本のようにネガティブには捉えないことなど、高齢者が苛立つ原因が少ないことも指摘する。

 誰しも「いずれ我が身」の高齢者。暴走老人の背景を考えることは、自分の老後を考えることでもある。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ