まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

運転免許返納率は低いけど… 高齢者、マイカーよりも自転車派?

senior japanese woman ridding a bike 自転車の安全利用促進委員会は、敬老の日(9月17日)と、9月21日から9月30日の秋の全国交通安全運動を前に、高齢者の自転車の利用と自動車の利用についての調査を実施した。回答したのは、65~79歳の男女300人(東京23区&大阪市内150人、その他地域150人)で、月に1回以上自転車に乗っている、かつ運転免許取得者又は取得歴のある人。

 まず、高齢者のクルマと自転車を利用する頻度について質問したところ、週1回以上の利用は、クルマが58.0%、自転車は77.3%となり、高齢者はクルマ以上に自転車を普段の移動手段としているようだ。そして、自転車を利用する高齢者の中、約4人に1人(25.6%)はクルマを運転しないということがかわった。img_165476_1

 次に、自転車、クルマそれぞれを移動手段として選ぶ理由について聞くと、高齢者がクルマに乗らず自転車を選ぶ理由としては、「移動時間が短いから(78.9%)」「駐車場がない場所にも行きやすいから(53.8%)」「健康促進になるから(43.3%)」「維持費が安いから(42.5%)」という項目が目立つ。クルマと比較して自転車は、“小回りの良さ”、“運動も兼ねる”、“維持費がかからない”という自転車ならではのメリットを感じて利用している高齢者が多いようだ。img_165476_2

 一方、高齢者の運転免許返納事情について調査すると、現在まで継続してクルマの運転免許証を所持している高齢者は91.7%で、免許を返納している人はわずか6.0%。また、クルマの免許を所持している人に、どのようなことが実現すれば免許を返納しようと思うか質問したところ、公共交通機関の無料化に次いで、「自転車道が整備され、自転車で安心して走行できるようになる(35.0%)」「自転車・電動アシスト自転車の購入補助が支給される(26.5%)」など道路の整備や購入補助の環境が整えば、免許を返納して、もっと自転車を活用したいと考える人が多かった。免許返納する高齢者は多くはないが、こうした代替移動手段の整備や、今注目される自動運転技術の発達は、高齢者の運転事情に変化をもたらしそうだ。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ