まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

キャッチボールは南北方向限定!? 公園にあふれる禁止の看板あなたはどう思う?

Colorful playground equipment 待機児童の解消が叫ばれる一方で、保育園や幼稚園の新設はなかなか進まない。騒音などを理由に近隣からの反対が多く困難な場合が多い実情はよく知られるところだ。公園でも同じことが起きている。さまざまな年齢層の人が集うため、ボール遊びが禁止されていたり、「キャッチボールは南北方向のみ」など、近隣への配慮から厳しいルールが定められている公園が多くあることが、「公園のチカラLAB」(キャップスアソシエーション・東京)の調査で分かった。首都圏では、調査した公園のほぼ全部が野球やサッカーを禁止にしていた。

 首都圏・中京圏(地方都市)・関西圏の3つのエリアから子育てに人気のある地域の公園を約100カ所ずつ、計300カ所を抽出し、公園の立地や、実際に掲げられている禁止看板の種類や文言、禁止内容を調べたもの。調査対象は、子どもにとって身近な街区公園や児童遊園に限定している。

 それによると、野球・サッカーができない公園が中京圏近郊では22%にとどまるのに対し、首都圏では100%、関西圏でも62%にのぼった。また、小学生がする野球・サッカーと、乳幼児が保護者と柔らかいボールを使ってする遊びがひとくくりにされ、画一的にボール遊びが禁止されているところも多かった。img_164461_1

 禁止の理由は、都市公園法に基づく条例などで定められた「他の公園利用者の迷惑にならないように利用する」という点に触れるという解釈が多いようだ。また、公園に隣接する住民からのクレームで禁止になっている場合もあるという。確かに、公園で乳幼児を遊ばせる保護者やベンチで憩う高齢者にとって、小中学生が遊ぶ野球やサッカーの勢いのあるボールはどこから飛んでくるか分からず、脅威でしかない。公園を管理する自治体は、利用者の安全確保はもちろん、事故があった時の訴訟リスクを避ける意味でも原則禁止にせざるを得ないということなのだろう。「ゲーム形式の野球・サッカーはダメ」、「キャッチボールは南北方向ですること、東西は禁止」などの“ローカルルール”も生まれている。img_164461_2

 狭いニッポン。人口密集地にある公園では、地域のコミュニティがうまく機能しないと、苦情対策として画一的な禁止を掲げざるを得ない場合もある一方で、禁止事項だらけで子どもが自由に遊べない、何のための公園?という苦情も。

 改正された都市公園法(2018年4月施行)に基づく国土交通省の資料では、ボール遊びなどを一律に禁止するのではなく、地域住民とルールを決めていく協議会設置などの仕組みづくりが提言されている。「騒がないように」とする禁止事項で、子どもが遊んでいて楽しくなってあげる歓声や話し声も“騒音”となってしまう点は、保育園新設時の議論と似ている。のびのびと子育てできる地域づくりに知恵を絞りたいものだ。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ