まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

朝食にお米を食べる人が多い県は? ごはんのおとも、東の納豆に対し西は…

img_162264_1 朝食にお米を食べる人が多いのは、米どころの東北地方であることが、さとふる(東京)が実施した調査で明らかになった。対象は各都道府県で20~69歳の男女50人ずつ計2,350人。調査によると、朝食にごはんを食べる人が多い県は、岩手県・山形県(68.0%)、青森県・長野県・宮城県(62.0%)、秋田県・群馬県(60.0%)、福島県(58.0%)という結果に。反対に、朝食にごはんを食べる人が最も少なかったのは兵庫県(12.0%)で、次に少なかった愛媛県(22.0%)を大きく引き離した。お米の収穫量の多い東北地方に朝食にごはんを食べる人が多い半面、近畿地方は少ない傾向がある。

 朝食にごはんを食べる理由には「米農家だから」(30代女性/岩手県)という極めてわかりやすいもののほか、「納豆と一緒に食べたいから」(30代女性/青森県)、「朝ごはんは一日の活力になるし習慣だから」(60代女性/青森県)、「パンだと腹が減るから」(40代男性/秋田県)、「日中に力尽きないようにするため」(30代女性/千葉県)などが挙げられた。お米をパワーの源としている人が目立つ。

 一方、ごはんの炊き方の好みを聞くと、全国平均では硬め(50.0%)、やわらかめ(33.4%)、こだわりなし(16.6%)と、硬めのごはんを支持する人が多い。都道府県別に見ると、やわらかめのご飯を好む人が多いのは、佐賀県、石川県、三重県、京都府だった。img_162264_2

 「ごはんのおとも」を聞くと、人気の上位(複数回答)は、納豆(49.9%)、卵(37.1%)、ノリ(31.3%)。都道府県別に見ると、納豆を支持する人の割合が高いのは、宮城県(80.0%)、群馬県(72.0%)、秋田県(70.0%)、栃木県・新潟県(68.0%)と北関東とそれより北の地域。ノリを支持する人の割合が高い都道府県の上位5位は、奈良県(58.0%)、徳島県・広島県・山口県・秋田県(48.0%)と、秋田県以外は西日本。さとふるでは、東日本で納豆が好まれる理由の一つとして、もともと雪深い米作地帯で多く作られ、魚や野菜などに代わるタンパク源として食べられていたことを背景に挙げている。また、温暖で魚がいつでも手に入る西日本では、納豆を作る習慣がなく、逆に海の幸である海藻から作るノリを食べる機会が多くあったのかもしれないとしている。img_162264_3


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ