まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

加速するキャッシュレス化 3割以上がコンビニで現金を使わずスマホ決済もじわじわ

 どんどんお金の「顔」を見る機会は減っている。交通機関の運賃やコンビニ代、飲食代などを現金で支払わない人が増えていることが、「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年6月度)」(ジャストシステム・東京)で分かった。10~20代ではスマホ決済も浸透、キャッシュレス化が加速してきているようだ。

 15~69歳の男女1,100人を対象にした調査。商品やサービス購入時の支払方法について、「現金を使わない」、もしくは「現金を使わないことが多い」と答えた人の割合は、「公共交通機関での運賃」では44.6%、「コンビニでの商品購入代」では34.5%、「ファストフード店やファミレスの飲食代」では25.5%。2016年に実施した前回調査より、すべての項目でキャッシュレスの人の割合が増加していた。d7597-321-389301-0

 では、どういう支払い方法が取られているのだろうか。ネットショッピングを除いて、リアルで利用している現金以外の支払い方法を聞いたところ、「クレジットカード」(81.4%)が最も多く、次いでプリペイドカードなどの「カード型電子マネー」(51.6%)、そして「スマホの決済機能」(16.3%)の順。スマホ決済については、30代は19.4%、40代は13.1%、50代は16.5%、60代は5.5%だが、10代は25.8%、20代は24.8%が利用しており、若年層からじわじわ浸透している様子。

 スマホ決済の方法を聞くと、4割お人がApple Payを利用。そのほか、楽天ペイ、LINE Pay(ともに、24.3%)、Google Pay(23.0%)などが続いた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ