まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

ぴあ映画初日満足度ランキング 大正末期を舞台にした映画が人気

『菊とギロチン』 (C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎
『菊とギロチン』
(C)2018 「菊とギロチン」合同製作舎

 ぴあ映画生活(東京)は、7月6日、7日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。

 それによると、第1位は、関東大震災後の大正時代末期を舞台に、女相撲興行の力士たちと、理想世界を夢見る若きアナキストたちとの出会いを軸に、混沌とした時代に生きる庶民の姿を描く『菊とギロチン』。観た人の中からは「力を持たない弱い人たちが強い者に立ち向かっていく大切さを感じた」などの声が出るなど、感動したという人が多かった。

 第2位は、訳アリ物件へ引っ越し、物件を浄化しているヒロインが、幽霊たちの悩み解決に奔走する姿を描く池田エライザ主演の『ルームロンダリング』。 第3位は、水野美波の同名少女マンガをGENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星ら若手俳優で実写映画化した『虹色デイズ』だった。

************************************

1位『菊とギロチン』92.0点

2位『ルームロンダリング』91.4点

3位『虹色デイズ』90.8点

4位『君が君で君だ』90.0点

5位『スウィンダラーズ』88.7点

5位『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』88.7点

7位『わがチーム、墜落事故からの復活』87.5点

8位『セラヴィ!』84.6点

9位『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』81.2点

10位『エヴァ』76.7点

(7月7日ぴあ調べ)

************************************

 ぴあ映画初日満足度調査は、ぴあが公開初日に映画館で出口調査を実施し、観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表している。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ