まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

食物繊維も抜いてる? ローカーボダイエットの盲点

Fresh salad plate on blue picnic table 「ローカーボ(低炭水化物)ダイエットに挑戦したことがある」という人は少なくない。おかずはちゃんと食べるけどご飯は少なめ、パンには手をつけずにサラダだけ。炭水化物を減らしたり抜いたりする方法は、カロリー計算しなくても、外食ランチでもシンプルに実践できるけれど、何ごとも大切なのはバランス。炭水化物を減らすことで食物繊維も一緒に減らしてしまっている、という認識があまり普及していないという実態が、「炭水化物の理解度と食物繊維に関する意識調査」(スーパー大麦素材事務局)で分かった。

 都内在住の20~40代男女1,200人を対象にした調査。炭水化物は、糖質+食物繊維だと理解していた人はわずか10%。8割が「糖質が含まれている」と回答し、炭水化物=糖質という認識が浮き彫りになった。img_158905_2

 普段の食生活では、82%が「食物繊維は野菜から摂取することが多い」とし、穀類から取っているという人は23.6%。もっとも、実際に野菜から摂取できている食物繊維量の平均はわずか3.6g~4.5gで、厚生労働省が推奨する1日の食物繊維摂取量(成人男性20g以上/成人女性18g以上)にははるかに及ばない。img_158905_3 img_158905_4

 炭水化物抜きダイエット自体は、否定派(62.5%)が多い。食物繊維の摂取源として、改めて炭水化物の重要性に目を向ける必要がありそうだ。img_158905_1


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ