まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

出産、育児の壁となるのは? 残業代が子育てを支える葛藤も

Asian cute baby ワンオペ育児、長時間労働、高い教育費など、日本の子育て家庭を取り巻く環境は厳しい。世間では働き方改革が叫ばれているが、実際にはどの程度変化が起きているのだろうか? 1more Baby応援団(東京)は、既婚の男女計2,948人を対象に「夫婦の出産意識調査2018」を実施した。まず、「日本は子どもを産みやすい国に近づいているか」と尋ねたところ、72.7%は「近づいていない」と回答した。この数字は昨年よりも2.7ポイントアップしており、依然として多くの人が“子どもを産みづらい”と考えていることが分かる。また、「日本は子どもを育てやすい国に近づいているか」という質問には、やはり72.7%が「近づいていない」と答えた。czMjYXJ0aWNsZSM1NzAxMiMyMDI0MjcjNTcwMTJfeG12YldCb1VCUi5qcGc czMjYXJ0aWNsZSM1NzAxMiMyMDI0MjcjNTcwMTJfVUVsZU9LWURqay5qcGc

 次に、「家庭を考えた時、(様々な理由で第2子以降の出産をためらう)“2人目の壁”は実際に存在すると思うか」と聞くと、74.3%は「存在すると思う」と回答した。その理由(複数回答)をママに聞いてみると、全体の1位は「経済的な理由(子育てや教育など家計の見通し)」(84.0%)、2位は「第1子の子育てで手いっぱい」(49.1%)となった。ママがフルタイムまたはパートタイムで働いているケースでは、2位は「仕事上の理由(産休の取得しやすさ・職場復帰など)」(50%台)だった。czMjYXJ0aWNsZSM1NzAxMiMyMDI0MjcjNTcwMTJfTHBMalBETmVZYS5qcGc

 日本社会全体の働く環境が「良い方向に変わっている」と感じている人は30.6%のみ。ただ、「子育てに必要なお金を考えると、今は残業代が必要」とするパパ・ママは65.0%。この数字は、子どもが3人以上いる家庭に絞るとさらに高くなり、70.6%にも及ぶ。家族で過ごす時間を考えると勤務時間は短い方がいいが、家計のためには長時間働かざるを得ないという人も多いのかもしれない。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ