まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

あなたの自転車保険は大丈夫?「TSマーク」で事故補償が有効なのは1年間

Young Man With Bike 免許も不要で気軽に利用できる自転車だが、自転車側が歩行者に重い傷害を負わせたり、死亡させたりという深刻な事故が全国で相次いでいる。ケガの状況によっては、重い後遺症が残り、高額な賠償金を請求されることも少なくない。

 オートバイや自動車は、自動車賠償責任保険への加入が義務付けられ、未加入の場合は罰則も設けられている。一方、自転車は道路交通法上「軽車両」と位置付けられているが、自動車のような賠償責任保険への加入は義務付けられていない。

 高額賠償の生じる自転車事故の増加を受け、被害者の保護を目的に兵庫県や大阪府、滋賀県、京都府、埼玉県、神奈川県相模市など自転車保険への加入義務化の条例を施行する自治体も増えている。

 自転車事故に対応した保険は、自転車保険のほか、自動車保険や火災家財保険に付帯している個人賠償責任特約や日常生活賠償特約でカバーできるものもある。また、「自転車安全整備士」の資格を持った自転車店で点検整備(有料)すると、傷害保険と賠償責任保険が付いてくる「TSマーク」の制度もある。

 TSマークは、(財)日本交通管理技術協会が発行するもので、協会が認定した「自転車安全整備士」が点検整備(有料)をすると整備済みを示すシールを発行。シールには青色の「第一種TSマーク」と赤色の「第二種TSマーク」があり、青色TSマークは死亡もしくは重度後遺障害(第1~7級)で上限1000万円、赤色TSマークは上限1億円が補償される。さらに赤色TSマークには被害者見舞金の補償もついている。ただし、保険の適用期間は1年間のため、自転車の点検整備を毎年行うことが求められる。

 自転車保険を選ぶにあたり、重度後遺障害の「等級」の確認も重要だ。国土交通省のサイトにある後遺障害等級表によると「第1級」は「両眼が失明したもの」「両上肢をひじ関節以上で失ったもの」とある。TSマークでは第1~7級までが補償の対象だが、「第8級以下」でも「一眼が失明し、又は一眼の視力が0.02以下になったもの」「脊柱に運動障害を残すもの」と重い後遺障害の症状がある。症状によっては補償の対象外となるケースもあるので注意が必要だ。

■国土交通省 後遺障害等級表

 保険の種類によって、示談代行やロードサービスの有無、比較的軽いケガに対する補償など、カバーされる範囲もさまざま。自身や家族のライフスタイルに合わせた保険を選び、もしもの時に備えることが重要だ。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ