まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

オキナワモズク由来フコイダンのサプリが台湾版トクホを取得 「免疫力UP」効果が認められ商品化

sub1 台湾にも日本のトクホ(特定保健用食品)と同様の認定制度があり、名称はそのものズバリ「健康食品」というそうだ。当然ながら、その承認には台湾政府(台湾行政院衛生署食品薬物管理局(TFDA):日本の厚生労働省に相当)の厳正な審査を受ける必要があり、さまざまな機能性や効果が認められれば、政府お墨付きの「健康食品」認定マークを表示できる。

 オキナワモズク由来フコイダンの製造・販売を行うサウスプロダクト(沖縄県うるま市)は、オキナワモズク由来フコイダンに「免疫細胞増殖作用(免疫力を上げる作用)」があることが台湾政府によって認められ、「健康食品」として2018年1月28日付けで認可されたことを発表した。

 フコイダンは、褐藻類と呼ばれる海藻(コンブ、ワカメ、モズクなど)の粘質物に多く含まれる食物繊維。これまでの研究で、整腸作用、機能性胃腸症改善作用、血中コレステロース低下作用などの機能性が明らかになっており、「免疫力を上げる作用」に関しても、コンブやワカメ由来のフコイダンでは報告されている。しかし、オキナワモズク由来フコイダンでは研究論文が少ないため、同社は、新たに免疫に関する機能を明らかにすることを目的にマウスによる実験を行った。そして、オキナワモズク由来フコイダンを6週間経口摂取させたマウスと非摂取マウスを比較したところ、①免疫細胞の増殖作用、②マクロファージ貧食作用の活性化、③NK細胞の活性化が確認できたという。

 この結果が台湾当局にも認められ、台湾の漢和健康事業有限公司が販売するオキナワモズク由来フコイダン含有サプリメント「美海雲」が認定マークを取得。6月1日から台湾国内のドラッグストアなどで5,200台湾元(日本円で18,000円相当)で販売の予定だ。sub4

 ちなみに、今回の研究成果は日本栄養・食糧学会大会(2016年5月)ですでに発表されているが、日本のトクホは承認を得るためにヒト試験が必要なため、マウスによる研究だけではトクホの認定は受けられない。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の結果(10月24日開催)

浦和レッズ 2-0 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ  - ※11月21日開催 ヴァンフォーレ甲府 ジュビロ磐田 1-1 (PK:3-4) ベガルタ仙台 川崎フロンターレ 2-3 モンテディオ山形  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ