まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

本や映画の影響で旅に出たことある? 最も影響を与えたのはヘップバーンのあの映画!

10573002448 「ダ・ヴィンチ・コード」を読んで、フランスのルーブル美術館へ、韓国ドラマを見て済州島へ。小説や映画に出てきた場所に旅してみたい、と思う人は多い。旅好きの3人に1人(33.8%)が、エンタテインメントから影響を受けて旅行に出かけたことがあることが、DeNAトラベル(東京)の「旅行好きが好きなエンタメ作品」に関する調査で分かった。

 10代~70代の男女822人を対象にした調査。種類を問わず、旅に関して最も影響を受けたエンタテインメントは『ローマの休日』。アン王女と同じように、ローマのスペイン広場や真実の口を訪れた人が多いようだ。1950年代の米映画だが、どうやらその影響はロングランだ。2位は「深夜特急」、3位が『千と千尋の神隠し』だ。img_154419_2

 マンガでは、「ONE PIECE」が首位。現実には存在しない世界だが、麦わらの一味が次々と訪れる島に魅力を感じ、旅に出たいと思った人が多い。2位は「ベルサイユのばら」。もちろんベルサイユ宮殿への旅だ。そして3位が「王家の紋章」。小説では「深夜特急」、「オリエント急行殺人事件」、「ダ・ヴィンチ・コード」だった。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ