まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

あなたは何歳までなら働く? 財力あれば自宅でなくて・・・

33000001554 「何歳まで働くか?」は、何歳からどれくらい年金がもらえるかという不安と表裏一体かもしれない。それを考えると、働くか、ではなく、何歳まで働けるか?と自問する人も少なくないだろう。willbeシニア総合研究所(東京)が行ったシニアを対象にした調査によると、60~70歳くらいで労働意欲は低下。経済力がある世帯ほど、介護ホームなどに移り住みたいという人が多いことが分かった。

 この先の人生の過ごし方や将来の不安、今後の住まいといったテーマで、自由記述に重点を置いて40~83歳の男女535人に実施した調査。それによると、女性は60歳を境目に、男性は70歳を境目に労働への関心が大幅に低下することが分かったという。この先の人生の過ごし方、やりたいことを聞くと、趣味や旅行(38%)、働き続けたい(34%)、世の中の役に立ちたい(32%)がトップ3。また、将来を考える上で、不安に感じていることは、健康(38%)、経済的不安(23%)などだった。img_153725_1

 今後の住まいについては、一人になっても今の家で住み続けたい人が一番多く、全体の55%。次いでシニア住宅・介護ホームなどに移り住みたいという人が39%だ。介護ホームに期待するのは、「看取り対応」が最多。世帯収入201-400万円世帯では、72%が「今の家で住み続けたい」を選択したが、世帯収入800〜1000万円を境にこれが逆転、シニア住宅などに移り住みたいという人が多数派になった。シニア住宅などに移り住むには費用がかかる。経済力による教育格差についての報道が話題になっているが、老後もやはりこの手の格差からは逃れられないようだ。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

決勝の結果(12月9日開催)

浦和レッズ   1-0   ベガルタ仙台

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ