まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

今年はカカオ豆の焙煎からはじめてみない? 子どもと楽しむ手作りチョコレートキット【OVOバレンタイン2018】

_MG_9470s 昨年のバレンタイン商戦からBean to Bar(ビーントゥバーチョコレート)の文字を目にするようになった。ビーントゥバーとはカカオ豆の仕入れから焙煎、製造、販売まで一貫して行うチョコレートのこと。そのビーントゥバーの手作りチョコレートを体験すべく、今回は、Dari K(京都)から発売されている「カカオ豆から手作りチョコレート・キット」(2,000円・税別)を利用して、ビーントゥバーチョコレートに子どもたちとチャレンジしてみた。

 キットの中にはインドネシア産のカカオ豆、シリコンの型、カカオについて詳細に書かれた説明書が同梱されている。

_MG_9466 この他に、すり鉢・すりこ木、砂糖30グラム、鍋、フライパン、へらを用意する。なお、子どもと作る場合は火傷などの恐れがあるので、大人の管理のもとで十分に注意が必要だ。

── 1.カカオ豆を洗う
 はじめに、カカオ豆をボールに入れ、米を研ぐように水の汚れが少なくなるまで洗う。

そして洗ったカカオ豆の余分な水分をキッチンペーパーなどで拭き取る。

── 2. 焙煎する
 カカオ豆をフライパンに入れ、焦げないように「へら」で混ぜながら弱火で10~20分ほど焙煎をする。

すると、バチバチとポップコーンのようにカカオ豆がはじけることも。
_MG_9565 この時点でカカオ豆の豊かな香りが部屋に充満することになる。

 説明書には焙煎時に「焦がさないように」と書かれているのだが、慣れないとどうしても多少焦がしてしまう。「失敗かな?」と心配になったが、独自の香ばしさが出るので、好みによっていろいろと試してみたいところ。
 冷ましてからカカオ豆を手にとって半分に割れたら焙煎は完了だ。フライパンのほか、オーブンや直火での焙煎も可能だ。

── 3.皮むきをしよう
 
続いて豆が冷えたら、カカオ豆の皮むき作業に移る。ご覧の通り、落花生をむくように簡単に外皮はむける。

_MG_9599そして、なるべく「カカオ豆」と「外皮」が混ざらないように選別する。
においをかいでみると香ばしい香りが。どんな味がするのか食べてみよう。

── 4.すり鉢で豆をくだく
皮をむいたらカカオ豆をすり鉢の中に入れ、すりこ木ですりつぶす。

子どもにとっては楽しい作業のようで、すりこ木の奪い合いに!?

_MG_9653 この作業は実に大変で、粉末になるまで1時間弱はかかったかもしれない。なお、カカオ豆の卸売販売を行う「立花商店」(大阪市)に聞いたところ、この作業はフードプロセッサーなどでもできないことはないが、カカオ豆は硬いため、フードプロセッサーの刃をダメにしたり、モーターが弱い機械だと故障したりする恐れがあるという。

── 5.湯煎する
湯が煮立った鍋にすり鉢をいれ、すりこ木でさらにまぜていく。このときにチョコにお湯が入らないように気を付けよう。※この作業は火傷の恐れがあるので十分にご注意を。

しばらくするとチョコレートが溶けたような状態に。そしてなめらかになるまでひたすらかき混ぜる。
── 6.砂糖を入れる
なめらかになってきたら砂糖30グラムを入れる。

_MG_9699 今回使用した砂糖の分量は30グラムだが、市販品のチョコレートにはいかに大量の砂糖が使われているのかが想像できる。

── 7.さらに混ぜ続ける
 つぶつぶ感が残るカカオ豆が本当にチョコレートになるのだろうか?という不安が残る中、
湯煎をして1時間ほどかき混ぜた頃、ようやくチョコレートらしくツヤが出てきた。

 市販品のような「なめらかなチョコレート」を目指す場合はさらに練り上げて、カカオのつぶつぶ感を楽しみたい人は適当なところで次の作業に移ろう。

── 8.型に入れて冷やす
チョコレートをスプーンで型に入れる。入れ終わったら冷蔵庫で2~3時間冷やす。

つまみ食いをするほどおいしいようです。

── 9.型から取り出し、ラッピングして完成
チョコレートの型からていねいに取り出し、ラッピングして完成。

 カカオ豆をすり鉢ですって作った場合は、市販品のような「なめらかなチョコレート」にはならないが、カカオのつぶつぶ感が楽しめる、とてもおいしいチョコレートとなった。

 また、商品の「カカオ豆から手作りチョコレート・キット」の説明書にはカカオの歴史、産地、カカオ農家についてなど記載されていて、ただチョコレートを作るだけでなく、カカオを通して社会を学べるので子どもの自由研究や食育にもおすすめの内容となっている。今年のバレンタインはカカオ豆から作るビーントゥバーチョコレートにチャレンジしてみてはいかがだろう。

(編集部 M)


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ