まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

東京都民の2人に1人は花粉症 花粉症率1位は群馬県

main 花粉の季節到来。都道府県別で、花粉症の症状がある人の割合「花粉症率」が最も高いのは群馬県、2位が山梨県、 3位は滋賀県だったことが、マクロミル(東京)が全国の20,000人に実施した調査で分かった。

 逆に花粉症率が低いのは、最も低い方から沖縄県、北海道、宮崎県の順。全国では40%だった。東京都に限ってみると、都民のスギ花粉症率はおよそ48.8%(東京都福祉保健局『花粉症患者実態調査報告書』2017年12月発表)で、およそ2人に1人が花粉症というのが現状だ。

sub4 スギ花粉による花粉症でつらい症状トップ3は「鼻水」40%、「眼のかゆみ」23%、「鼻づまり」21%。スギ花粉症対策に使っている平均予算は4,730円となっている。今年、対策として利用するものを尋ねると、最多はやはり「マスク」(70.2%)、次いで「目薬」(57%)。「病院での診察や処方箋医薬品」、「市販薬」と続き、上位5番目につけたのは「ヨーグルト」(31.1%)だった。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ