まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

2018年のお年玉の相場はどうなる? 初めての東高西低だった2017年

10146003496 昨年に比べると微増のようだ。あおぞら銀行が行ったシニア層に対する調査で、孫へのお年玉の平均額は8,100円で、昨年より200円増えていることが分かった。

 同行が2014年から行っている「シニアのリアル調査」は、全国の55~74歳の男女、約2,000人を対象にした調査。2017年のお年玉は、関東の平均が8,200円、関西が7,600円。過去3年間を見ると、2014年関東7,000円、関西8,700円。2015年は、8,500円と9,000円、2016年は7,500円と9,000円で、関西が関東を上回っていたが、今年は関西が大幅減で、初めての東高西低。

 年代別では、70代前半が9,100円と、他の年代よりも平均額が高い。60代が7,800円、50代後半6,900円と、シニアの年齢が高齢になるほど金額も高くなっている。

 あおぞら銀行は、日本の60代を中心とするチャレンジ精神旺盛でアクティブな世代を「Brilliant60s=輝ける60代」と名付け、ポジティブな人生をおくるサポートをすべく、シニア層の資産運用コンサルティングに注力している。おじいちゃんたちの財布のひもが緩んだのは、ひょっとして投資のおかげ? さて2018年はどうなることやら。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ