まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

ネット上でセクハラ被害 日本人女性の3人に1人が経験

10179009110 世界中で、性的なハラスメントに遭った女性たちが声を上げ始めているが、ネット上で被害を受けるオンラインハラスメント、というのもある。日本人女性の約半数が、その手の被害に遭っていることが分かった。

 セキュリティソフトブランド「ノートン」(シマンテック)が、オンラインハラスメントの調査結果を発表したもの。それによると、調査対象の約半数に上る46%の日本人女性が、何らかのオンラインハラスメントの被害に遭っており、3人に1人(32%)がネット上のセクハラを経験していた。

 被害の上位3位は、「悪意のあるゴシップやうわさ話」(46%)、「誹謗(ひぼう)中傷」(34%)、「セクハラ」(32%)。セクハラで最も多い被害は「断ったにもかかわらず男性からしつこく交際を迫られた」(31%)、「あからさまに性的な内容を含む不快なEメールを受け取った」(19%)など。また、30歳未満の女性の4割がネット上でセクハラ被害を経験していた。

 被害に遭った人のうち、実際に警察に被害届を提出した人はわずか4%。調査対象のほぼ半数(49%)が「無視してやり過ごした」と回答。また、10人に2人(21%)が「どうすればよいか分からなかった」と答えている。10人中8人の女性は、オンラインハラスメントに遭うことを恐れており、「性的暴行やレイプに対する脅迫」(79%)や「殺人の脅迫」(77%)を最も懸念していた。

 調査したシマンテックのノートン事業統括本部マーケティング部古谷尋 部長は、「オンラインハラスメントはネットの匿名性を悪用しているため、その実害を把握することは容易ではなく、未届け件数の多さからも、実際の被害は見かけ以上に広がっているとものと考えられます。トラブルを避けるには、ネットユーザー個人が安全とセキュリティを守るために基本的な予防策を講じることが大切です」としている。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ