hd_cat_mamegaku日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

家庭菜園で挑戦したい野菜 トップはビールのおつまみになる○○!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10173000495 趣味は野菜作り──と家庭菜園に凝っている人が多いのではないだろうか? 実際、タキイ種苗(京都市)が行った「家庭菜園に関する全国調査」によると、17.5%が「現在、家庭菜園を実施」と回答! 「過去にやったことがある」の30.9%をあわせると、約半数の人が家庭菜園の経験者であることがわかった。

_prw_PI1fl_LWz7yHcW_prw_PI6fl_fuGsZe99 現在やっていない人も約4割の人が意欲を持っており、今後広がって行きそうな予感。そして、始めたい理由を聞くと、60代男性は「趣味のひとつとして」、20~30代女性は「家計節約のため」、30代女性は「子どもの教育のためにも良い」、50~60代女性は「安心・安全のため」と、年代・性別によって「家庭菜園」への関心の持ち方が異なっている。

_prw_PI31fl_rf0W0414 では、一度始めたはいいが、もちろん“三日坊主”で野菜は育たない。また、最初から上手にできるものではなく、しっかりした野菜を育てるにはそれなりのキャリアも必要だろう。ただ、家庭菜園を続けている期間を聞くと、「10年以上家庭菜園を続けている」(33.3%)が最も多く、「5~10年未満」(16.3%)、「3~5年未満」(19.7%)と合わせると、7割近くの人が3年以上続けている。

_prw_PI10fl_3D166jif 「現在育てている野菜」と「今後挑戦してみたい野菜」、いずれもランキングにすると、両方に入った家庭菜園で人気の野菜はミニ・中玉トマト、キュウリ、ジャガイモ、ネギ、しそ(大葉)などが上位に。一方、「今後挑戦してみたい野菜」では、枝豆、グリーンアスパラガス、大玉トマト、トウモロコシが人気になった。

 家庭菜園で収穫した野菜は、食卓の“即戦力”になる。頑張って育ててみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップフォト

最新写真ニュース

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第96回天皇杯 トピックス

決勝の結果(2017年1月1日)

鹿島アントラーズ 2-1 川崎フロンターレ (Ex)  

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
このページのトップへ