まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

将来“移住”を希望する人は○% 住みたい場所のトップは意外にも…

 リタイアしたら老後はどこか別の場所で暮らしたい! そう考えている人も多いことだろう。「オレンジページくらし予報」が全国の女性890人を対象に「移住」について調査したところ、少なからずの人が移住を考えていることがわかった。

引っ越し・移住の予定は?
引っ越し・移住の予定は?

 まず、「将来、どこか違う町や県、国へ移住する予定はありますか? または引っ越しや移住をしたいと思いますか?」と質問したところ、「したい」(22.4%)と「計画中」(15.7%)を合わせ、40%近い人が移住を考えていた。計画中の内訳は「近くで」が7.7%、「違う市区町村や、都道府県」7.0%、「海外」1.0%。他方、「今の住まいで暮らしたい」人は36.2%で、移住したい人とほぼ同じ。「どちらともいえない」人も21.8%いた。

引っ越し・移住するならどこ?
引っ越し・移住するならどこ?

 それでは、希望する移住先はどこだろう。静かな場所で余生を過ごしたいかと思いきや、「もしも1年以内にあなたが引っ越しや移住をすることになったら、どの都道府県(または海外)に行きたいですか?」という問いで、トップとなったのは東京(20.2%)。以下、北海道(11.1%)、海外(10.4%)と続いた。ただ、「東京」と答えた人の7割は現在も東京か、埼玉、千葉など東京周辺エリアに住んでいる人たち。多少物価が高くても、便利な東京エリアの暮らしを手放してまでの移住は考えられないという人が多いのかもしれない。ちなみに、海外で最も人気があるのはハワイだった。 「もし、引っ越しや移住を余儀なくされたら、譲れない条件、優先したい事柄は何ですか?」という問いでは、「交通、買いもの、通勤・通学など生活するのに便利なエリア」(68.0%)、「治安がよいエリア」(57.9%)、「天災の危険性が低そうなエリア」(35.3%)という項目が上位に。これらを見ると、東京が住みたい場所1位なのは納得できそうだ。 さて、移住すると気になるのは、近所付き合い。その地域の一員として暮らせるかどうかだが、移住を成功させるキーワードは「社交性」、「地域参加」、「仕事」の3つのようだ。「あなたがお住まいのエリアに、他の地域から人が引っ越してくる(移住してくる)ことにどう感じますか?」と聞くと「とても」「やや」をあわせた「歓迎」する人は50.7%、「どちらともいえない」人が46.4%。はっきりと拒否する人は少ないが、移住を考えるなら、そこに住んでいる人とのコミュニケーションが重要となりそうだ。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ