まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

“ブラックバイト”は意外に少ない!? アルバイト労働時間実態調査

 超過勤務を強要される、といったブラック企業、ブラックバイトが社会問題となっているが、その実態はどうなのだろうか? ツナグ働き方研究所(東京)が行った「アルバイトが長時間労働やブラックバイトに直面しているか」に関する実態調査によると、アルバイトの現場は全体的にみると、意外に“ブラックじゃない”ということがわかった。 

労働時間の実態
労働時間の実態

 今回のアルバイト労働時間実態調査では、「オフィスワークではない」労働環境での10代~60代までのアルバイト就業者200人を対象にした。月間での「理想の労働時間」は平均98.3時間、勤務日数の理想は平均17.0日で週休3日程度を希望。また、1日あたりの労働時間は5.8時間で、正社員の所定労働時間が約160時間だとすると、アルバイトをする場合、その60%程度の労働を希望している。

 では、現実の労働時間はというと、91.3時間という結果で、理想とほぼ乖離がなく、アルバイトが働かされ過ぎているという感じではない。逆に、むしろやや働き足りないくらいのスコアで、「もっとシフトに入りたいのに」という声も聞こえるほどだった。主婦の労働時間が希望・実態ともにやや少ない傾向があるが、これは、いわゆる「103万円の壁」が影響しているのかもしれない。

ブラックバイトの実態
ブラックバイトの実態

 残業に関しての質問では、残業を依頼された経験が「ナシ」と回答した人が40.5%、あっても「月1~3回」と回答した人が35.0%。また、希望したシフトに追加を依頼された経験が「ナシ」との回答が48.5%、あっても「月1~3回」との回答が41.5%。全体の約半数は依頼された経験がなく、あったとしても月に数回レベルまでで8~9割を占めていた。さらに、「その依頼を断りづらい雰囲気はあるか」という質問においても、「ある」との回答は23.9%にとどまっている。

 一方、「辞めさせてもらえない雰囲気があるか」という質問では、「辞めたいと伝えたが辞められなかった」は、わずか3.0%。「辞めさせてもらえない雰囲気がある」も14.0%で、ここでもブラックバイトは少数派だった。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ