まめ学(´豆`)
日々の生活で抱く疑問や、関心を引いた情報などをまとめて発信しています。

2017年に子どもにさせたい習い事 第1位は注目度急上昇のプログラミング教室!

10230001723 学生時代からパソコンやインターネット環境がある「デジタルネイティブ」世代が子育て世代の中心となり、その子どもたちは「スマホネイティブ」世代。そんな世の中の変化が、「子どもにさせたい習い事」にも少しずつ影響を与えているようだ。イー・ラーニング研究所が、20~50代の子どものいる親(男女計413人)に「年末年始の習い事アンケート」を行ったところ、昨年親同士の会話で話題になった「プログラミング教室」が、2017年にさせたい習い事では第1位になるという結果が出た。

sub1 まず、2016年の子どもの習い事については、全体の51%が「習い事をさせた」と回答。させた習い事の内容(複数回答)については、「スポーツ系」(218票)、「学習塾」(212票)という回答が多く集まった。プログラミング教室は7票で最下位だった。

sub2 「2016年、保護者間で話題になった習い事はありますか」という問いに対しては、全体の35%が「はい」と回答。話題になった習い事(複数回答)は、1位が「スポーツ系](55票)、2位が「英会話スクール」(48票)、3位が「プログラミング教室」(39票)となった。2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化される動きを受けて、保護者の間で話題に上ることが増えたことが考えられる。

sub3 「2017年、何の習い事をさせたいですか(させる予定ですか)」(複数回答)に対しては、1位が「プログラミング教室」(62票)、2位が「英会話スクール」(42票)、3位が「スポーツ系」(36票)と、プログラミング教室が大躍進という結果だった。

sub7 「お子様はスマートフォン・タブレットを使った学習教材を使用したことがありますか」に対して、「はい」と答えたのは全体の35%にとどまった。しかし、「いいえ」と答えた人の理由は「きっかけがわからないから」、「効果がわからないから」、「使い方がわからないから」などが中心。「いいえ」と答えた人でも6割が、「自分のペースでできる」、「手軽に学べる」、「繰り返し学習できる」などを理由に、「スマートフォン・タブレットを使った学習教材を使用させたいと思う」と答えた。自分のペースで繰り返しできる学習方法として、スマートフォン・タブレットによる学習教材も注目されているようだ。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ